創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
未来部の淵源
各部結成の意義や未来部の記念日について学びましょう。

「本門の時代」を後継の育成で開く
 
 未来部結成の第一歩として、「高等部」が結成されたのは1964年(昭和39年)6月。当時の日本社会は、青少年に精神的な空虚感が広がり、少年犯罪も増加傾向にありました。
 池田名誉会長(当時・会長)は、日本、世界の未来を考え、青少年の育成に範を示していくことが学会の使命であり、社会的な役割の一つであるという考えから未来部の結成を提案。「本門の時代」の幕開けを、新たな人材の育成に力を入れることから着手したのです。
 名誉会長は「みんなは目先のことしか考えない。しかし、30年後、40年後の学会をどうするのか。その時、学会の中核になっているのが、今の高校生です」(『新・人間革命』第9巻「鳳雛」の章)と――。その師の心を受け、青年部が本格的に未来部各部の結成へ取り組みました。
 翌65年(同40年)1月に「中等部」が誕生。小説『人間革命』の連載開始と時を同じくしての結成となりました。また、同年9月、「少年部」が誕生。名誉会長の慈愛の励ましや「創作童話」などを通して、強くたくましく生き抜く心を育んでいったのです。


「鳳雛会」「未来会」の結成
 
 66年(同41年)、名誉会長は高等部の代表メンバーへの御書講義を開始。「諸法実相抄」「生死一大事血脈抄」「佐渡御書」と、毎月、講義し、6月には第1期生に修了証を授与しました。このメンバーが、後に「鳳雛会・鳳雛グループ」として結成され、「鳳雛会」はその後も期を重ね、全国各地で誕生しました。
 70年(同45年)から小・中・高の代表メンバーで「未来会」が結成。言論問題の直後であり、名誉会長に対する非難・中傷の嵐が吹き荒れるなか、後継の未来部員に学会の正義と真実が語り継がれたのです。名誉会長は記者会見の席上、堂々と叫ばれました。「学会がどうなるか、21世紀を見てください。社会に大きく貢献する人材が必ず陸続と育つでしょう。その時が、私の勝負です!」



創価学会後継者の日

 翌76年(同51年)5月5日、関西戸田記念講堂で行われた鳳雛会・未来部の記念勤行会で、5月5日の「こどもの日」を「創価学会後継者の日」とすることが発表されました。
 「創価学会にとって『後継者の日』は、5月3日の『創価学会の日』につづく重要な日である。一切の建設は『人』で決まる。『人』といっても、若い世代に託す以外にないからである」(『大道を歩む』)
 この名誉会長の思いのままに、未来部は毎年、「後継者の日」に誓いを新たにしています。師が“手作り”で築いた人材の城「未来部」――。その薫陶を受けた一人ひとりが、今、日本中、世界中のさまざまな分野で活躍し、民衆を守るリーダーとして使命の翼を広げているのです。
 
ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット