創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
今月の広布史
未来部員と学ぶ創価学会の歴史と精神。

12月

12・2「小説『人間革命』執筆開始」

友のために! 平和のために! 未来のために!――きょうもペンを執る池田先生

 戦争ほど残酷なものはない。
 戦争ほど悲惨なものはない。
 ――小説『人間革命』の冒頭の一節です。
 池田先生は1964年(昭和39年)12月2日、沖縄の地で、『人間革命』の執筆を開始しました。沖縄は、太平洋戦争の末期、日本で唯一の地上戦の舞台となった島です。


英語、オランダ語、デンマーク語など10を超える言語で刊行されている小説『人間革命』『新・人間革命』

 「二度と戦争を起こしてはならない! 最も苦しんだ人が最も幸福になってほしい」――池田先生はこの日、那覇市の沖縄本部(当時)の一室から、世界へ幸福と平和の波を広げようと、筆を起こされました。
 『人間革命』は、戸田先生を中心とした、創価学会の広宣流布の歩みがつづられた、全12巻の不滅の一書です。

 「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」との主題のもと、宿命に泣く多くの人々が、信心を根本に蘇生し、幸福の人生を歩む真実の姿が生き生きと描かれています。
 池田先生は小説『人間革命』のあとがきにつづっています。
 「恩師の真実を伝える伝記を書き残すことは、私の青春時代からの誓いであった」「先生のご生涯は、そのまま一個の人間の偉大なる人間革命の軌跡であり、それを書き残すことによって、万人に人間革命の道を開くことが可能になると確信していた」
 小説『人間革命』には、恩師・戸田先生の偉業を世界に宣揚することを誓う、池田先生の深き信念が滔々と流れています。
 93年からは、続編となる小説『新・人間革命』の執筆が開始され、今も聖教新聞紙上に連載中です。
 小説『人間革命』『新・人間革命』は、海外11言語に翻訳され、世界で発行部数4000万部を超える金字塔を打ち立てています。


その他 12月の広布史
◎	12月2日「文芸部の日」
◎	12月22日「統監部の日」
 
<今月の広布史バックナンバー>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット