創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
今月の広布史
未来部員と学ぶ創価学会の歴史と精神。

8月

8.24 「池田名誉会長入信記念日」

19歳――入信当時の池田名誉会長

弟子19歳、師47歳――。1947年(昭和22年)8月14日夜、若き日の池田名誉会長は、小学校時代の同級生に誘われ、東京・蒲田での座談会に出席。その時、初めて戸田第2代会長(当時、理事長)と出会ったのです。

その日の午後8時ごろ、生まれて初めて参加する座談会会場に到着すると、部屋の中から日蓮大聖人の御書(立正安国論)を講義する戸田会長の声が聞こえてきました。終了後、池田青年は質問に立ちます。「(戸田)先生、正しい人生とは、一体どういう人生をいうのでしょうか?」。また、「本当の愛国者とは?」「南無妙法蓮華経とは?」……。



戸田第2代会長と池田名誉会長の出会いを描いた
油彩画(内田健一郎作)
 一つ一つの質問に、戸田会長は明快に答えていきました。その言葉に触れ、人生の確かな羅針盤を求めていた池田青年は確信するのです。“この人の指導なら、自分は信じられる!”
  池田青年は、感謝と決意を即興詩に託し、次のように詠みました。「旅びとよ/いずこより来(きた)り/いずこへ往(ゆ)かんとするか/(中略)夜明け前の混沌(カオス)に/光もとめて/われ進みゆく/心の暗雲をはらわんと/嵐に動かぬ大樹を求めて/われ地より湧き出(い)でんとするか(中略)」
 その10日後の8月24日――。池田青年は創価学会の一員となったのです。
 この時の思いを、名誉会長はこう記しています。「ただ私は、表層の次元を超克して、戸田城聖という人格に魅了されてならなかったのである。『体当たりで、私にぶつかってこい。青年らしく勉強し、勇敢に実践してみたまえ!』。先生は、私を信じてくださった。私もまた、青年の直感で、『戦争中、平和のため、仏法のために投獄された、この人にはついていける』と確信したのであった」(「随筆 新・人間革命」不二の旅立ち「8・24」)


その他 8月の広布史
◎	8月12日 「教育原点の日」
◎	8月24日 「壮年部の日」
◎	8月31日 「学生部の日」
 
<今月の広布史バックナンバー>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

 

ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット