創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
今月の広布史
未来部員と学ぶ創価学会の歴史と精神。

5月

5.3「創価学会の日」


戸田城聖先生、第2代会長就任式の朝
(東京・墨田区内で)
 5・3が「創価学会の日」となった淵源は、1951年(昭和26年)のこの日に、戸田城聖先生が第2代会長に就任。また、60年の同日、池田名誉会長が第3代会長に就任したことに由来しています。
  戸田会長が就任した当時の会員数は、わずか3000人ほど。戦時中の軍部政府の弾圧によって、その多くが学会を離れていきました。そのような中、戸田会長は、自身の推戴式で、あの75万世帯の折伏を宣言されたのです。
 「私が生きている間に75万世帯の折伏は私の手でする。もし私のこの願いが、生きている間に達成できなかったならば、私の葬式は出してくださるな。遺骸は品川の沖に投げ捨てていただきたい」

池田名誉会長の第3代会長就任式
(東京・日大講堂で)
 そして、その願業を果たした戸田会長の逝去から2年後に、池田名誉会長が第3代会長に就任――「若輩ではございますが、本日より戸田門下生を代表して、化儀の広宣流布をめざし、一歩前進への指揮をとらさせていただきます!」との第一声のあと、恩師・戸田会長の7回忌までに300万世帯の折伏達成を誓ったのです。
 池田第3代会長(当時)の師子吼に、同志は相呼応して、怒濤の前進を開始。そして、早くも62年11月には300万世帯が達成されました。
 今、その広布の潮流は、世界190カ国・地域を超すに至っています。この目覚ましい伸展の原動力こそ、第2代・第3代会長の“誓願の日”、すなわち5・3「創価学会の日」に込められているのです。


その他 5月の広布史
◎	5月3日 「創価学会母の日」
◎	5月5日 「創価学会後継者の日」
 
<今月の広布史バックナンバー>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット