創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
今月の広布史
未来部員と学ぶ創価学会の歴史と精神。

3月

3.16「広宣流布記念の日」


師弟の絆は永遠に!――戸田第2代会長と若き日の池田名誉会長(1958年3月)
 弟子が“広布の魂”を受け継ぎ、敢然と立ち上がる“師弟の誓いの日”――それが3・16「広宣流布記念の日」です。
 生涯の願業である75万世帯を達成した戸田城聖第2代会長は、1958年(昭和33年)3月の上旬、池田名誉会長(当時、青年室長)に「将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典をしておこうではないか!」と提案しました。

音楽隊の太鼓を打つ戸田第2代会長と池田青年室長(当時)
 式典当日の早朝、全国各地から続々と到着する青年部を待っていたのは、身も心も温まる「豚汁」。「皆に何か温かいものを食べさせてやりたい」との戸田会長の慈愛が、若き青年たちを温かく包み込みました。
 名誉会長は、病のために歩行も困難となっていた師匠のために「車駕」(乗り物)を用意。戸田会長は、「大きすぎる。実戦の役に立たない!」と弟子に対する厳愛の薫陶をしつつも車駕に乗り、弟子の真心に応えました。
 そして、全国から馳せ参じた6000人の青年に対し、戸田会長は「創価学会は、宗教界の王者である!」と大師子吼。広宣流布のバトンを青年部に託す大事な儀式となったのです。

3・16の式典で戸田第2代会長が乗られた車駕
 名誉会長は次のように語っています「“3・16”は、師から弟子への『継承』の日であり、『後継』の弟子が立ち上がる日である。その意味で、この日は、永遠の『出発』の日であると私は言いたい」
一人ひとりが自分自身の“3・16”を勝利で迎え、新たな挑戦を堂々と開始していきましょう。


その他 3月の広布史
◎	3月5日 「壮年部結成記念日」
◎	3月8日 「芸術部の日」
◎	3月11日 「小樽問答記念日」
 
<今月の広布史バックナンバー>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット