創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
今月の広布史
未来部員と学ぶ創価学会の歴史と精神。

2月

「伝統の2月闘争」


75万世帯の願業が発表された、戸田城聖第2代会長就任式(1951年5月)
 広布史に輝く「2月闘争」――1952年(昭和27年)の2月、当時、最も活力のある支部でも月に100世帯の入会という時代に、若き池田名誉会長は、蒲田支部の支部幹事として、限界を打ち破る「201世帯」の弘教を達成しました。その先駆の戦いが、全国の同志に、弘教・拡大への勇気と確信を与え、戸田第2代会長の願業である「75万世帯」への突破口となったのです。

若き日の名誉会長が暮らした「青葉荘」(1950年代当時、東京・大田区内)
 名誉会長はまず、最前線の組織である「組」(現在のブロック)に焦点を当てました。そして、組2世帯の弘教という明確な目標を示し、日蓮大聖人の御聖誕の月であり、戸田会長の誕生の月である2月を「報恩感謝の思いで戦いきろう!」と訴えたのです。
 また、入会してまだ日の浅いメンバーも多くいたことから、「新しい力を伸ばす」ことに主眼を置き、「新しい人」だからこそ「新しい力」を持っているとの温かい励ましに徹し、一人ひとりの広布に戦う心を燃え上がらせていきました。

2月闘争から満53年――。今も皆の心に勇気と希望を贈る名誉会長(2005年2月、本部幹部会で)
 名誉会長は、次のように語っています。
 「昭和27年、蒲田支部の支部幹事となった私は、広宣流布の共戦の同志に訴えた。『この2月、見事な勝利の結果をもって、戸田先生の誕生の月をお祝いしようではありませんか!』。24歳の生命は、真剣の炎、闘争の炎、執念の炎となって、第一線に躍り出た。まず自分が燃えることだ。冷たく黙したままの石でさえ、打ち合えば火花が生じる。いわんや、熱い魂と言葉をもった人間が打ち合うならば、心に火を灯せぬはずは絶対にない」(「随筆 人間世紀の光」<永遠なる2月の闘争>)
 名誉会長の率先垂範の行動に皆が奮い立ち、それまでどの支部もなしえなかった広布の金字塔が打ち立てられたのです。
伝統の「2月闘争」を貫くものは、“断じて師の広宣流布の願業の突破口を開く”という名誉会長の本物の弟子の一念であり、「師弟不二」の魂であったといえるでしょう。


その他 2月の広布史
◎	2月11日 「第2代会長戸田城聖先生誕生日」
◎	2月16日 「日蓮大聖人御生誕の日」
 
<今月の広布史バックナンバー>
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット