創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
未来部への指針 「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」(2002年3月22日)


 十九世紀のイギリスの著名な文化人であるカーライルは言った。
 「人間が人間に与える力は無限である」※1
 私も、その通りだと思う。人は、生命と生命を触発し合いながら成長する。
 そして、善き人間の力は、善人をつくる。
 悪しき人間の力は、悪人をつくってしまう。
 ともあれ、善き人間と人間との関係をもつことが、絶対に必要な法則である。
 わが創価学会は、新しき「人間革命の世紀」を創り、人間と人間とを錬磨しゆく団体である。
 永遠に不滅である仏法を信仰しながら、共々に無限の力を具現しながらの最高善の人生行路を歩んでゆく。
 その不滅の人間革命の法理の力を受け継ぐ、若き未来部の師子たちを、断固として育てゆかねばならない。
 
 今月、そして四月は、将来のため最も大切な未来部の「希望月間」である。
 未来部が大事だ。これで将来は決まる。
 学会創立百周年を迎える二〇三〇年を担い、世界広布の中核となるのは、まさに今の未来部であることは、まぎれもなき事実である。
 その後継の人材の育成に奮闘してくださる「二十一世紀使命会」の皆様、壮年・婦人部の「育成部長」の皆様、さらに、学生部の「進学推進部」の皆様に、私は心から感謝を捧げたい。

 未来を担う“後継の子どもたち”を大切にする――それは、遠く釈尊に遡る、尊き仏法の伝統精神であった。
 実際、釈尊の弟子のなかには、わずか七歳ほどで門弟となった人もいる。
 当時は、今と違って学校制度のない時代であった。釈尊の弟子になること自体、“最高の人間教育の学舎”に入るに等しかったといえるであろう。
 ある日、一人の子どもが大きい湖から、清らかな水を運んでいた。
 その姿を見つめていた釈尊は、高弟の舎利弗に、声をかけた。
 「水瓶を手に、こちらにやってくる子をごらん! 心がよく安定しているよ」
 「振る舞いも見事じゃないか」
 かよわき七歳のその子どもは、わが耳に聞こえてきた、この師の励ましを胸に刻みつけ、生涯、忘れることはなかった。
 また、別の子どもは、釈尊の質問を受けた時、物怖じすることなく、はっきりと答えた。
 釈尊は嬉しそうに言った。
 「今日からは、私に会いたいと思う時は、いつでも会いにおいで!」
 釈尊は、たとえ幼くても、修行を共にする子どもを、一個の人格として尊重し、温かい言葉で激励していったのである。
 この師弟の交流を原点として、子どもたちは成長し、使命を知り、そして深き人生を生き抜く決意をもち始めていったのである。

 そしてまた、日蓮大聖人の門下で、“未来部”の出身ともいうべき方に、有名な南条時光がいる。
 時光は、幼くして父親を亡くした。この時、大聖人は、鎌倉から墓参に来られ、家族を励ましてくださった。時光七歳のことである。
 その後、身延に入山された大聖人のもとに、時光が馳せ参じた時、彼は十六歳の若武者となっていた。
 ちょうど今の高等部員の年齢である。その立派な後継の姿を、どれほど蓮祖が喜ばれたことか!
 そして大聖人は、この翌年には、御自身の名代として、日興上人を南条家の激励に派遣された。
 これを機に、時光は、十歳以上年長の日興上人を兄のごとく慕い、信心の薫陶を受けていったのである。
 ことに日興上人は、時光が地頭をしていた富士方面で、布教の先頭に立たれた。その闘魂の姿は、時光の信心の模範となったにちがいない。
 こうして、少年時代より、大聖人、日興上人と深き縁を結んだ時光は、あの熱原法難をはじめ、数々の激しき苦難を乗り越えながら、広宣流布のための基盤を築き、残していったのである。
 今、全世界の平和のためには、“二十一世紀の後継である若き南条時光”が、無数に躍り出なければならない。
 それが、御聖訓の御指南であるからだ。
 どうか、先輩たちよ、わが後輩を頼む。
 君の後輩を成長させるには、まず、自分自身が雄々しく前進することだ。勇敢に、課題に挑戦することだ。
 その弛みなき向上の一念を忘れないでいただきたい。

 思えば、わが家の息子たちは未来部のころ、私が文京の支部長代理を務めた関係もあり、大変、文京の皆様のお世話になった。
 会合がある時には、長男が弟たちを連れ、大田の小林町の自宅から文京まで、喜々として通っていったのである。
 「子どもは学会の庭で育てていく」というのが、戸田先生から教えられた、わが家の方針であったからだ。
 とくに、子どもの方向性は、母親によって決まる。母親の信心と慈愛の声は強い。
 息子たちは、会合に参加しては、皆と勤行し、御書の一節を拝読し、時には先輩に促されて、決意などを述べたりもしたようだ。
 そして、青年部の担当者が語ってくれる「生命とは」「使命とは」「生きる意義とは」等の指導を聞くなかで、学会員として、また人間としての最高最大の誇りと自覚をもっていったのである。
 息子たちは、今でも当時のことを、幕の上がった劇を見るが如く、ありありと、懐かしそうに語っている。
 家庭で、親が子どもに信心の基本を教えることは、当然大切である。
 しかし、学会の組織の温かさや、すばらしさは、実際に会合に出たり、先輩や同志と触れ合うなかで、わかっていくものだ。
 そこへつなげるのは、母親の責任である。
 母親の見栄や虚栄ではなく、真実の人生の勝利の誉れ高き人間を創り上げるためには、絶対に「仏法の道」即「平和・文化・教育の道」を歩ませていくべきだ。
 虚栄の母親は必ず、後になって、子どものために苦しむ。私は、たくさんの例を見ている。
 これは、確信をもって申し上げたい遺言の一つだ。
 とくに、全会員から支えられている本部職員、そしてまた、社会的地位を与えられた同志は、わが学会に対して、一層の御恩返しをする決心を守り、一家をあげて戦っていくべきだ。
 これが、「人生の道理」であり、「報恩の道」であることを忘れてはならない。

 私も、青年部の時代から、会合や会員のお宅に伺った折など、常に“未来部”のメンバーに声をかけることを、心がけてきた。
 親が学会活動で不在がちな家庭の子どもさんには、「いつも、お留守番ありがとう」と語り、中学生や高校生には、「しっかり勉強して、何ものにも負けない自分自身を創るんだよ」等々と励ましてきた。
 その場かぎりではない。
 ひとたび縁を結んだ後継の友は、十年、二十年と、見守ってきた。
 高等部も、中等部も、少年部も、広宣流布の未来を見据え、全部、私が結成した。
 その出身者が、今や国内はもとより、世界中で活躍しておられる。
 文豪ゲーテが言っている。
 「私たちが持って生れた素質の芽生えは、ふだんから手塩にかけていないと、たくましくはならない」※2
 私もまた、大切な宝である未来部のメンバーを一人でも多く、自ら励まし育てていきたい。
 だからこそ、高等部、中等部の皆さんのために、『青春対話』『希望対話』の連載に精魂を傾けた。少年少女部のために、数多くの創作物語も書いてきた。
 これからも、書き綴っていく決心である。

 「悪はすべて弱さから生まれる」
 「強くすれば善良になる」※3
 これは、有名なルソーの教育小説『エミール』の洞察であった。
 深い暗闇に覆われた時代を変革するためには、強き正義の師子を育てていく以外にない。
 有名な「聖人御難事」には、「師子王は百獣にをぢず・師子の子・又かくのごとし」(御書一一九〇ページ)と仰せである。
 私は、昨年、「二十一世紀使命会」の気高き友に、「創価後継の太陽たれ」との言葉を贈った。
 この方々こそが、「師子王の心」を、新世紀の若き世代へ、赫々と伝えゆく「勇気の太陽」であるからだ。

※1「ゲーテ=カーライル往復書簡」山崎八郎 訳 岩波書店
※2「ゲーテとの対話(下)」エッカーマン 著 山下肇 訳 岩波書店
※3「エミール(上)」ルソー 著 今野一雄 訳 岩波書店

(参考文献)
「仏弟子の告白:テーラガーター」中村元 訳 岩波書店
 
ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.