創価学会 未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 トップページサイトマップ
未来部 少年少女部 中等部 高等部

未来部への指針
随筆 人間世紀の光「世界の希望の宝・未来部」
随筆 人間世紀の光 「4月は我らのものだ」
21世紀使命会 研修へのメッセージ
「随筆 新・人間革命」257「未来部育成の聖業」
未来部歌/未来部愛唱歌
未来部歌
未来部愛唱歌
活動アイテム集
会合参加カード
勤行・唱題チャレンジ表
日めくり青春対話・日めくり希望対話
小説「人間革命」「新・人間革命」読了表
読書チャレンジ表
未来部教育部
使命会トピックス
未来部の淵源
使命会 参考図書の紹介
今月の広布史
リンク
未来部教育部コーナー
◇	進学サポーター 〜励ましのポイント〜


−−進路指導のポイントは−−
 
 まずは未来部員の話に耳を傾けることです。私たち担当者は「進路指導のプロ」ではありませんが、「気軽に相談できる存在」になることは可能です。案外、一緒になって考えてくれる存在を求めていたりするものです。そのためには、「この人は相談できる人だ」というような信頼を得ることが大切ですね。
 
−− 何もやりたいことが見当たらないようですが −−
 

 『青春対話』1の「働くって何?」などを一緒に読みあいながら、進学や就職で悩んだ自らの体験や身近な友人・同志のことを話してあげると参考になるでしょう。池田先生は「だれにでも、自分にしかできない自分の使命がある。しかし、その使命は、努力もしないで、いつかだれかが教えてくれるわけではない」と教えてくださっています。また、2003年11月に発売された『13歳のハローワーク』(幻冬舎 著者村上龍)という本は「花や植物が好き」など「好き」を入り口にして、該当する職業を紹介していますので参考になるかもしれません。

 
−− 大学進学をすすめたいと思っていますが −−
 

 進路を決定するのはあくまで本人の意思を尊重すべきことですが、大学に進学し、最先端の学問、教授、友人にふれることで本人の「選択の幅」が広がることが期待できます。池田先生も「一人ひとりの可能性を無限に開いていくチャンスになる」と進学の意義を語ってくださいました。
 今や大学進学率は5割近くになってきましたので、大学進学は特別なことではなくなってきました。また、例えば看護士を養成する機関も最近では看護大学が主流になりつつあります。奨学金制度も充実してきていますし、通信制の大学もあります。「学ぼう」という意欲さえあれば、大学進学のチャンスは増えています。大学定員と進学希望者の数が同じになる「全入時代」が到来しつつあります。学生部のメンバーを紹介し、「生の大学生」に触れる機会をつくってあげるのも大きなきっかけになると思います。本人の希望を聞きながら、一緒に考えてあげてください。

 
<バックナンバー>
第1回:受験生に接する時に気をつけたいこと 西浦昭雄(未来部教育部長)
第2回:不合格になった受験生に対する接し方 美山尚文(総千葉未来部教育 部長)
第3回:推薦入試制度について 阿久津伸広(総神奈川未来部教育部長)
 
戻る ページトップ
Copyright(c) Soka Gakkai (JAPAN) All Right Reserved.
未来部 希望ネット